ポピーの里 館山ファミリーパーク

サンドアートとは・・・2019/12/03

サンドアート(砂像) 砂像5作品が完成、展示中

館山ファミリーパークでは

「花とサンドアートのコラボレーション」をテーマに、

園内に砂像5作品を制作し、展示中です。

 

制作された砂像は「常設展示」となります。

それぞれ完成から

およそ1年間程度の展示を予定しており、

その後は作品を作り替える予定です。

年間を通じての屋外常設展示は、

日本はもとより世界でも初めての試みとなります。

 

 

◎サンドアートとは・・・

正確には「サンドスカルプチャー」と言われる

砂と水のみで制作された彫刻です。

制作した後、雨や風・乾燥により砂が崩れるのを防ぐ為

定着剤を吹きかけ、表面のみを固めるという

特徴があります。 

 

制作は2017年度台湾で開催された砂像世界大会にて

優勝した、ワールド・チャンピオン・アーティスト

「保坂 俊彦」(ほさか としひこ)氏

手掛けられました。

 

屋外に年間を通じて常設での展示は、国内初の試みで、

幅5m×高さ4mサイズの作品を、園内各所に

合計5作品を展示しています。 

 

作品紹介

 

砂像「ファミパ城」 2019年1月26日完成 

場 所: 入園入口広場

 

砂像「天使の報せ(しらせ)」2019年4月17日完成 

場 所: ファミリーコーススタートホール付近

 

砂像「ライオンの丘」 2019年4月27日完成

場 所: 天使の報せの通路挟んで向かい側

 

砂像「森の精霊たち」 2019年5月27日完成。

場 所: 子どもの広場内 

 

砂像群「フェアリーガーデン」 2019年11月完成

場 所: 花畑A内

 

 

入園された皆様が楽しめる企画としてスタートし、

2019年5月27日を以て6体が全て完成。

その後、同年9月・10月の台風被災により被害を受けましたが

制作者の保坂俊彦氏の手により修復・リニューアルを遂げ、

一新した砂像美術館として営業再開を迎える事ができました。

 

 

 

サンドアーティスト: 保坂 俊彦(ほさか としひこ)

国内、国外の各種イベントにおいて

砂像の制作、指導のほか、

CM・PR用砂像の制作、イベントの総合演出、

また、砂の定着剤や玩具の共同開発、映像を通し、

海外との交流事業への協力などを行っている。 

     【主な受賞歴】

2018年: 台湾での世界大会で準優勝

2017年: 台湾での世界大会で優勝。

  アーティストチョイス賞を同時受賞

2016年: 中国での世界大会で準優勝

2008年: ドイツでの世界大会で3位

TOPへ