ポピーの里 館山ファミリーパーク

2020年版サンドアート 「12星座神話」制作中2020/03/19

2020年版サンドアート「12星座神話」

館山ファミリーパークでは、日本初となる巨大砂像の

屋外周年展示を昨年2019年より実施中ですが、

この度2020年版巨大砂像の制作を

2/18(火)より開始しました。

 

2020年のテーマは「12星座神話」。

砂像1体に2つの星座を表し、6体で12星座を表現。

12星座全体のイメージを表した巨大砂像を1体加え、

合計7体の砂像を制作いたします。

さらに「砂の彫刻 庭園美術館」として、

まとまった砂像の展示エリアも新設中です。

 

2/18(火)~4/1(水)までに5体、

5/18(月)~6/6(土)で2体の、

合計7体制作予定です。

砂像は完成後、逐次ご覧になれますが、

制作中の様子もご覧いただけます。

 

 

3/19 「乙女座・ヴァルゴ」彫刻開始

乙女座(おとめざ)の彫刻が獅子座の裏で進行中です。

乙女座は、冬の誕生と美しき母子の物語との事。

優し気な女性がほほ笑む様子はどんな物語なのか、

完成が楽しみです。

 

3/16 「獅子座・レオ」4体目が開始です。

6体の12星座砂像も3体の彫刻が終わり、

折り返しの4体目が開始されました。

4体目の砂像は獅子座(ししざ)。

ライオンの砂像は既に1体展示されていますが、

前の1体とは姿が異なり、佇む様子が彫刻されています。

 

3/12 天秤座、蠍座の砂像が完成です。

天秤座と蠍座が完成です。

天秤座は、中央に巨大な秤が彫刻され、

厳格な表情の女神が印象的です。

 

巨大なサソリが大きく彫刻された、蠍座の砂像です。

おどろおどろしく、とても迫力のある砂像です。

 

3/9 3体目「天秤座・ライブラ」「蠍座・スコーピオ」

3体目の砂像天秤座(てんびんざ)と蠍座(さそりざ)が同時進行で開始です。

こちらは天秤座。天秤を持つ正義の女神です。

写真は保坂さんが「天秤」の部分を彫刻しています。

 

一方、天秤座の彫刻の裏は蠍座

こちらはアシスタントの堀田さん。

スマートフォンで確認しながら彫刻を進めています。

 

3/6 2体目の砂像がほぼ完成です。

2体目双子座の砂像が完了です。

週末は天気が崩れそうなので心配ですが、やぐらで雨風を防ぎます。

双子座の裏の蟹座です。

かにのハサミの彫刻が終わり、完成間近です。

 

3/1 巨大な甲羅の「蟹座・キャンサー」

2体目の双子座の砂像の裏は、蟹座(かにざ)です。

巨大な蟹の甲羅が横たわっており、大迫力。

双子座とは同じ砂像の表と裏とは思えない面白い作り。

 

2/28 2体目の砂像「双子座・ジェミニ」。

2体目となる双子座(ふたござ)の砂像も彫刻がはじまりました。

仲睦まじい兄弟の砂像。おだやかな表情が印象的です。

 

2/26 牡羊座・牡牛座の彫刻がほぼ完了

1体目の牡羊座(おひつじざ)と牡牛座(おうしざ)。

こちらは表面の牡羊座。

裏面の牡牛座です。細部の彫刻が終わりました。

定着剤を表面に吹きかけ、なじませます。

 

2/22 「牡牛座・タウラス」も同時進行中。

牡牛座(おうしざ)モチーフの砂像も同時に彫刻が進行しています。

牡羊座(おひつじざ)の砂像と同じ、1体の砂像の表と裏に、牡羊座と牡牛座の彫刻が施されていきます。

雄々しい牛とそれに寄り添う乙女の彫刻が美しく施されました。

 

2/21 「牡羊座・アリエス」彫刻進行中です。

12星座の牡羊座(おひつじざ)の制作が始まりました。

サンドアーティスト・保坂俊彦さんの彫刻が開始。

彫刻の様子は間近でご覧いただけます。

 

TOPへ